ラーメン二郎ブログ  ~二郎喰わずして勉強などできぬわ~

ラーメン二郎に魅了された大学院の先輩後輩によるラーメン二郎系食べ歩きブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千里眼9月19日(豚ラーメン+ひんやり生たまご)

こんばんは。
先輩のリョーです。

二日連続となってしまいましたが、いま考えると、13日から数えると1週間で5日二郎系。。。。あほですね。昨日あだ名ラーメンマンでいい??って言われましたwww

二郎系予告通り千里眼さんいってきました。

渋谷からだったので、井の頭線乗って、池ノ上駅で降り、そこから徒歩で7・8分で到着。数件先にサンクスがあるんでそこで、黒烏龍茶を購入し、いざ店内へ。

546235_343118352449557_1710058601_n.jpg

店内はL字型のカウンターのみで、後ろに冷水機とレンゲが置いてあります。入って右側に券売機があり、ここは冷やし中華がすーーーーーーーーーーーーっごい美味いらしいんですが、夏限定で、この前終わったばかり。
それで普通に一番人気の豚ラーメン850円+ひんやり生たまご50円を購入

ここは生たまごですき焼き風に食べるのが通らしい。完全ミーハーですねww

到着が13時半と昼時を過ぎていたからか、空いていたので、端の席12番に座りました。
座って食券を置いた時に、固めコール

ここは、食券時に固めとか、麺量をここでいう。ここの優しいところは、店員さんがちゃんと「麺の量どうなさいますか?」と聞いてくれるところですね。
僕がいたときは、女性は麺半分の人が多かったですね。麺量は普通で300gですからね。

そんで、ここの店員さんは二郎系の中でもびっくりするくらい声出しをしている元気なお店。ある意味すた丼って感じww

すると、ひにゃり生たまごが先に到着。
器は2つあるところが、ちゃんとしてますよね。気配りがすごい(当然といわれればそれまでですが)。
そして、ここは普通の生たまごもやっていたようですが、「ひんやり」とつくところから何かと思えば、器がめっちゃ冷たい。あー夏だからかーーー。そう勝手に理解ww違うかもしれません。
579705_343118372449555_1882533298_n.jpg

10分しないくらいで、「12番のお客様、にんにくいれますか~~~??」

全マシであと辛揚げ別皿で!!!!!

ここは、トッピングが二郎より一種類多く、辛揚げというものがある。その名のとおり、揚げ玉が辛いやつだ。
これを別皿にすることをオススメする。
最初から載せてしまうと、スープに入ってしまうと一気に辛くなってしまうからだ。ですので、別皿にして、あとで混ぜて食べると二度楽しめるというわけだ。
はい完全にリサーチによる受け売りですねwwでもそれがいいと本当に思う(最初はそれで食べて、入れたのが好きな人は次から最初から混ぜて食べればいいのかと)。

640x640_rect_9288014.jpg

着丼!!

ここは盛がすごいと聞いていたが、うんなかなかのタワーですね。これでマシですから、マシマシはやばいことになりますね。
264357_343118382449554_344698280_n.jpg
561745_343118389116220_1309314554_n.jpg

まずは、レンゲでスープを飲むと。
うぉーーーーーーーーーーっうまっ。すっごい濃厚な乳化スープなんだが、やはり醤油が違うのか二郎っぽさはあまりない。でもすごく美味しい。甘さを感じるわけではないのだが、トンコツの味がすごく感じることができ、ちょっといい方に意外でした(豚のみ期待していたww)。
色も澄んでいるが、脂が溶け込んでいるような感じ。
644095_343118425782883_1273636288_n.jpg

次に麺をとらせないヤサイをまずは片付けようとしたら、ん???なんだ。この上にのってるのは。
えっ??にんにくのように見える、この液体。そう脂!!
二郎は、個体の脂をのせる店が多いが、ここは入念にザルでこすって脂をかけていた。だから、こんな雪のような感じになっている。
ちなみに、あとあと気づいたが、こんだけ乳化したスープだと脂はいらないかもっ。
199417_343118412449551_862054336_n.jpg


次に麺を!麺は浅草開化楼を使用している模様なんで、かなり期待していたんですが、その期待通り美味しい。二郎の麺とはやっぱ違いますが、少し細めの麺に濃厚なスープとが絶妙にマッチ。ここの麺はつけというイメージがあるからか、濃厚スープには合うのだろうか。コシもあって、デロ麺向きではないのではないだろうか。

533718_343118365782889_225929450_n.jpg

375863_343118459116213_635948631_n.jpg

そして、ある程度味わったら味を変えるために、まず、溶きたまごに麺とヤサイをインしてズルッズルッ!!
うん一気にまろやかーーーーーーー
246679_343118442449548_1651523755_n.jpg
でも、もともと乳化していて、まろやかさはあるためか、感動はそんなに。うまいけど、これなら、最後に溶きたまごをスープにかけて飲むのが美味いかも。

次に豚をいただく。
パクッ。。。。。。。。。。。。。
えぇーーーーーーーーーーー
やわらかーーーーーーーーーーーーーーーっ超うまーーーーーーーーーーーーっ。

びっくりしました。口の中で溶けました。こんな豚は初めてです。散々豚星。のぶたが美味いといってますが、ここはいい勝負。いや人によるんだろうか。とにかく、その溶けるほどの柔らかさは必見。豚ラーメンがオススメなのがわかります。
いやーここまでの豚バラとは思いませんでした。誰かがロールケーキといっていたのがそのとおりと思います。
252584_343118402449552_708819400_n.jpg
全部で4枚ですかね。5枚ではなかった気がします。

そして、終盤に、まずはにんにくをまぜまぜして食べて、辛揚げをイン!!

479929_343118475782878_1494578936_n.jpg

おーーーっ確かに辛い。麺と一緒に食べるとちょっとピリピリして、また食感を味わいながら食べれます
スープも辛揚げとにんにくによって一気に辛くなりますが、これがうまい。それに溶きたまごをいれて
あーごはん入れたいと思ったのは私だけでしょうか。

まぁそれができたとしても、私の腹がもたないかもですがwww

ごちそうさまでした。
253124_343118482449544_1866472448_n.jpg


とにかく、最初から最後まで満足して食べれました。インスパイアとして、人気店な理由がわかりました。これにもまして、冷やし中華が皆食べてるところから、夏食べに来ればよかったと後悔。来年まで待ちたいと思います。次来るなら、豚祭り的なのを毎年やっているみたいなんでそのときに来るかもしれないですね。

非常においしかった。僕的インスパイア三強は、今んとこ、豚星、陸、千里眼です。どれも豚がおいしぃーー

次は、月末までに一回中山に行く予定。中山は長期休暇とってますから、その明けにでも行きたいと思います。

では( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/19(水) 17:45:20|
  2. 千里眼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豚星。9月17日(大ミソジンジャーラーメン豚入り)

本日は、本題に入る前にお詫びをしなければなりません。
当ブログを媒介にし、各方面に多大なご迷惑をかけてしまいました。その責任の一端はブログの共同管理者である自分にもあると感じていますし、本当に申し訳なく思っております。

「当ブログを閉鎖すべき」とのご意見もございますが、これからもラーメン二郎の魅力を発信することで少しでも貢献し、それを以てお詫びと替えさせて頂きたいと自分は思っております。





さて、それでは本題に入らせて頂きたいと思います。

昨日、(日付的には一昨日…)は一人で行ってまいりました!到着は19:40頃、並びは3人ほどでした。
最後尾に続くと見慣れない張り紙が。

張り紙

昼営業を行っても夜営業の開始時間がかわらないとは…!間の時間が2時間というのは短いナァと思うのですが、さすがは豚星。です。
昼営業の開始からすぐは不慣れさから色々と大変でしょうが、頑張って頂きたいです。



食券は当然限定(750円)。店員さんに伺った所、生卵(50円)と味玉(100円)の食券で、それぞれ大と豚入りにして下さいました。

着席後待っていると、聞きなれない「ショウガ入れますか?」というお言葉。

純粋にショウガを味わってみたいと思ったので、「お願いします。ニンニクはなしで」
そして着丼したのがコチラ!

ミソジンジャー

スープはこんな感じ。(ブレていてごめんなさい…)
ミソジンジャースープ

お目当ての限定スープ、普段は使わないレンゲを手に取りすすってみると…

美味い!!!

いつもの濃厚スープに味噌の風味、この二つのこってりをショウガの後味が見事にまとめあげてあり、素晴らしいデキになっています。流石です。

コンセプトは「辛くない味噌」ということでしたが、僅かに唐辛子が入っており、辛さのワンアクセントがありました。酸味は全く無かったと思います。


そしてこの日の豚は、普段のホロッと崩れる程に柔らかなものとは少し違い、赤身の部分が多くしっかりとした食べごたえという印象でした。

ブタアップ


そしてその豚と、サイドにちりばめられた刻みショウガとの食べ合わせがまた最高なんです!!!

刻みショウガも絶妙な大きさにきざんであり、ショウガ特有の辛さなど無く豚に合わせて良しスープに混ぜて良しと、見事なモノでした。


また単純にショウガと味噌がこんなに合うとは今まで思っていなかったので、料理の一つの手法としても驚かされました。



ただ、今回は麺だけがちょっと…といった感じでした…
所々麺の太さがまばらだったり、くっついてイカゲソの様な形状になってしまっているものが混ざっていたりしていました。
また、スープとの相性を考慮してか茹であがりが普段と比べてかなり柔らかめな仕上がりでした。個人的に柔らかめの太麺というのが苦手で…そのせいか豚星。史上最も苦しいものとなってしまいました…(凄く美味しかったのに…)



次の限定の前に今度こそ辛汁なしを食べておきたいです!!




バイッッッ


豚星。の過去の記事
豚星。9月3日(大辛つけそば豚入り)
豚星。9月3日(小つけそば豚入り)
豚星。8月21日(大ラーメン豚入り(乳化バージョン))
豚星。8月14日(真夏の夜の味噌ラーメン大豚入り)
豚星。8月14日(大ラーメン豚入り)
  1. 2012/09/19(水) 00:53:23|
  2. 豚星。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。