ラーメン二郎ブログ  ~二郎喰わずして勉強などできぬわ~

ラーメン二郎に魅了された大学院の先輩後輩によるラーメン二郎系食べ歩きブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豚星。9月17日(大ミソジンジャーラーメン豚入り)

本日は、本題に入る前にお詫びをしなければなりません。
当ブログを媒介にし、各方面に多大なご迷惑をかけてしまいました。その責任の一端はブログの共同管理者である自分にもあると感じていますし、本当に申し訳なく思っております。

「当ブログを閉鎖すべき」とのご意見もございますが、これからもラーメン二郎の魅力を発信することで少しでも貢献し、それを以てお詫びと替えさせて頂きたいと自分は思っております。





さて、それでは本題に入らせて頂きたいと思います。

昨日、(日付的には一昨日…)は一人で行ってまいりました!到着は19:40頃、並びは3人ほどでした。
最後尾に続くと見慣れない張り紙が。

張り紙

昼営業を行っても夜営業の開始時間がかわらないとは…!間の時間が2時間というのは短いナァと思うのですが、さすがは豚星。です。
昼営業の開始からすぐは不慣れさから色々と大変でしょうが、頑張って頂きたいです。



食券は当然限定(750円)。店員さんに伺った所、生卵(50円)と味玉(100円)の食券で、それぞれ大と豚入りにして下さいました。

着席後待っていると、聞きなれない「ショウガ入れますか?」というお言葉。

純粋にショウガを味わってみたいと思ったので、「お願いします。ニンニクはなしで」
そして着丼したのがコチラ!

ミソジンジャー

スープはこんな感じ。(ブレていてごめんなさい…)
ミソジンジャースープ

お目当ての限定スープ、普段は使わないレンゲを手に取りすすってみると…

美味い!!!

いつもの濃厚スープに味噌の風味、この二つのこってりをショウガの後味が見事にまとめあげてあり、素晴らしいデキになっています。流石です。

コンセプトは「辛くない味噌」ということでしたが、僅かに唐辛子が入っており、辛さのワンアクセントがありました。酸味は全く無かったと思います。


そしてこの日の豚は、普段のホロッと崩れる程に柔らかなものとは少し違い、赤身の部分が多くしっかりとした食べごたえという印象でした。

ブタアップ


そしてその豚と、サイドにちりばめられた刻みショウガとの食べ合わせがまた最高なんです!!!

刻みショウガも絶妙な大きさにきざんであり、ショウガ特有の辛さなど無く豚に合わせて良しスープに混ぜて良しと、見事なモノでした。


また単純にショウガと味噌がこんなに合うとは今まで思っていなかったので、料理の一つの手法としても驚かされました。



ただ、今回は麺だけがちょっと…といった感じでした…
所々麺の太さがまばらだったり、くっついてイカゲソの様な形状になってしまっているものが混ざっていたりしていました。
また、スープとの相性を考慮してか茹であがりが普段と比べてかなり柔らかめな仕上がりでした。個人的に柔らかめの太麺というのが苦手で…そのせいか豚星。史上最も苦しいものとなってしまいました…(凄く美味しかったのに…)



次の限定の前に今度こそ辛汁なしを食べておきたいです!!




バイッッッ


豚星。の過去の記事
豚星。9月3日(大辛つけそば豚入り)
豚星。9月3日(小つけそば豚入り)
豚星。8月21日(大ラーメン豚入り(乳化バージョン))
豚星。8月14日(真夏の夜の味噌ラーメン大豚入り)
豚星。8月14日(大ラーメン豚入り)
スポンサーサイト
  1. 2012/09/19(水) 00:53:23|
  2. 豚星。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千里眼9月19日(豚ラーメン+ひんやり生たまご) | ホーム | ラーメン 二郎 上野毛店9月18日(小ぶた入り)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toinjiro.blog.fc2.com/tb.php/156-2acafab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。